チーズは見つかった?

ライトノベルを中心に本の読書感想文を書いています。レビューはほとんどせず、自分の思ったことを素直に書いていきます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

矢口新の『トレードセンス養成講座』新興株大幅下落 

こんにちは。最近は、トレードセンス養成講座しか書いていないmidoku55です。 今回はここの問題に挑戦しました。 ≪問題≫ 以下の問いを読んで、もっとも正解に近いと思う解答を選んでください。 ●ニュースに関する問題 あなたは総資金500万円のうち、150万円で新興株などに投資しています。ある 朝、ニューヨークの大幅下落を受け、東京市場も全面的に大きく下げ、あなた の持ち株も全て下落しました。持ち株の含み損は、その日の前場だけで10%程 拡大しました。しかし、下げ幅を見ると売られすぎのようで、実際、一部の持 ち株は後場に入って多少の反発を見せました。このような場合、次の3つの中 で最も適切な対応はどれでしょう。 (1)保有している株は戻りを期待しそのままにし、それまで押し目がなくて    買えなかった銘柄で大きく下げたものがあれば新規で買う (2)戻るかもしれない期待より値下がりした事実を重く見て、    ひとまずは全て手仕舞う (3)相場全体が落ち着くまでは売買を控えて様子を見る 以下に私の答えを書きかます。                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                |                ↓ ≪私の答え≫ (2)になります。 中期的な期間で儲けるためには、10%の下落は大きいと考えてよいでしょう。ここからさらに下がる可能性がある以上、損切りすることが重要です。 (1)は長期保有の場合正解です。30年ぐらい保有することになるでしょう。 (3)は対応としては不十分です。多くの人は10%下落したら損切りするので、さらに下落する可能性があります。 私は、(3)にしてしまい失敗したことがあります。今は、損切りの勇気もなく塩漬けになっています。「もうすぐ上がるはずだ」と考えつづけていますが、何年たっても上がりません。勇気がほしい今日この頃です。 「勝負事はパニックになったら負けます。」だそうです。ちょっとパニックになってしまいました。
スポンサーサイト

category: 投資

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

カレンダー

検索フォーム

全記事表示リンク

人気ページ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。