チーズは見つかった?

ライトノベルを中心に本の読書感想文を書いています。レビューはほとんどせず、自分の思ったことを素直に書いていきます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『レンタルマギカ 魔法使いの妹』自分を受け入れる方法 

短編集です。「魔法使いと家庭訪問」と「魔法使いの夏休み」に関わる部分のみ感想を書きます。

◆魔法使いと家庭訪問
みかんの家に先生が家庭訪問に来ました。といっても、みかんはアストラルの事務所に住んでおり、しかも猫屋敷は執筆に集中するために失踪中です。そういうわけで、今、アストラルにいる面々で先生に対応することになりました。

家庭訪問とは、さっそく驚かされました。でも、先生の一生懸命さが伝わってきました。オルトヴィーンも暴走し始めるし危なかったです。穂波の見事な交渉術も一見の価値ありです。私も穂波を見習います。いつきの受け答えは、今更答えられないとは意外でした。いつきの悩みは、まだ沢山あるということでしょうか。

◆魔法使いの夏休み
穂波が夏休みを取ります。がんばりやさんな穂波がお休みとは意外でした。彼女にも悩みがあったようです。今の望みが叶ったら、その後どうするかという悩みです。穂波を応援したくなりました。

何事も変化していくという話しが心に響きました。もし、変化した部分があったのなら、それを受け入れることで、現実を直視して生きていけるのでしょう、という話しと受け取りました。

変化することで、良かったり悪かったりする結果が生じるのでしょう。変化しないことも、良かったり悪かったりするのでしょう。そう考えてみると、結果は後からついてくるものなので、まずは自分の考えた通りに生きて良いのではないでしょうか。変化する部分と変化しない部分の両方を受け入れることで、自分を受け入れられるようになるのかな、と感じました。
スポンサーサイト

category:

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

カレンダー

検索フォーム

全記事表示リンク

人気ページ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。