チーズは見つかった?

ライトノベルを中心に本の読書感想文を書いています。レビューはほとんどせず、自分の思ったことを素直に書いていきます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち 

あらすじ

鎌倉の街並みにひっそりと佇んでいる店がある。ビブリア古書堂だ。取り扱っているのは中古の本。人の手を渡った古い本には、中身だけではなく本そのものにも物語があるという。これは、何冊かの古い本とそれをめぐる人間の話である。

感想

本屋大賞ノミネートで売れているらしいので読んでみた。インターネット上にさらっと読める、なんて批評があったが私の場合読み終わるのにそれなりに時間が掛かった。読書慣れしている人としていない人との差かもしれない。私が通う古書店は大衆向けのブックオフであるが、ビブリア古書堂とは少しイメージが異なる。ビブリア古書堂には一般の人向けの古書もあるが、本当に古書が好きな人(収集家など)向けの本も売っている。

古書に関わる人間たちを推理していくのだが、推理が当たっていることに違和感を覚える。推理の根拠が少ないからだ。

短編集だからなのか、掘り下げも少ない。気軽に読めるという点では良いかも?ただ、記憶に残る場面が少なかった。主人公の五浦大輔は「本が読めない人」なので、本の中身に対して深く掘り下げるということがない。そのおかげで読者も内容の概略だけ分かれば良いというお手軽さがある。

推理小説にあまり興味がない私には、それほど面白いと思う箇所がなかった。しかし、五浦大輔と店長の篠川栞子の関係は読んでいてどうなっていくのだろうと気になった。また、知らなかった古書店について少しだけ理解できてよかった。
スポンサーサイト

category:

thread: 読書感想文 - janre: 小説・文学

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

カレンダー

検索フォーム

全記事表示リンク

人気ページ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。