チーズは見つかった?

ライトノベルを中心に本の読書感想文を書いています。レビューはほとんどせず、自分の思ったことを素直に書いていきます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

スレイヤーズ3 サイラーグの妖魔(新装版) 

スレイヤーズ3新装版

あらすじ

レゾと名乗る者から賞金をかけられたリナとガウリイはレゾに会うためにサイラーグを目指す。途中の町でランツと再会し一緒にサイラーグに行くことになる。サイラーグの手前にある瘴気の森に入ったところ、賞金稼ぎのエリスと出会い、その直後に魔族に襲われる。戦いの最中、ゼルガディスとシルフィールとも合流する。そしてレゾが現れた。リナはレゾが本物でないと疑うが、その攻撃は凄まじかった。辛くも脱出したリナたちはサイラーグにある神聖樹の根の中に身を隠す。そこに現れたレゾたちと戦い町が壊滅してしまったが、レゾを倒したのだった。

感想

1巻に登場したレゾはオリジナルで3巻に登場したレゾはそのコピーである。オリジナル、コピーともに残忍さは際立っていたがコピーには純粋な部分もあった。

1人の性格を考えてみると複数の性格が混ざっている。ときに残忍だったり、ときに純粋だったりする。私も優しいと言われたり、冷たいと言われたりすることがある。どちらも自分であることを受け止めるように日々努めている。

レゾの配下たちとの戦いも目を離せない。特にヴルムグンは他人を操って戦わせるので、負けても自分は傷つかない。実にうまい戦い方だった。しかし最後に自我を持たないはずのレゾに裏切られて倒される。ヴルムグンにとっては予想外だったようだ。

ヴルムグンを見ていて、私は自我を持たない物に対しても扱うときに敬意を持ちたいと思った(反省)。

レゾ配下のものたちとの戦いはシリアスだけれどもどこか滑稽でおもしろい。しかし魔族たちが油断して負けるのはどうにも馴染めない。負けるために登場してきたキャラクターに思えてしまう。

ヴルムグンには倒されても復活する謎があったが、これをリナが推測していくのは素直におもしろかった。

レゾは強かった。リナたちとの全力の戦いを望むレゾと白熱した戦いを繰り広げハラハラした。コピーはオリジナルを憎むあまり、その背中しか見ていなかったため、オリジナルを超えることができなかった。私も他人の背中ばかり見ている。少し考え方を変えてみたくなった。

リナがヴルムグンに未熟者呼ばわりされたときの会話

「ほほぉぉぉう … …それじゃあ言ってもらお ーじゃない 。一体あたしのどこが未熟だってえのよ 」魔道士は 、あたしを真っ向からにらみつけながらきっぱりと言った 。 「特に胸 」 「やかましいっ ! 」

category:

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://midoku55.blog61.fc2.com/tb.php/380-c7525d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カウンター

カテゴリ

最新記事

カレンダー

検索フォーム

全記事表示リンク

人気ページ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。